創作料理と炭火焼やんちゃ家さんをご紹介(インターンシップ生報告)

2019/10/04

創作料理と炭火焼やんちゃ家をご紹介します

創作料理と炭火焼やんちゃ家さんは京急横須賀中央駅から歩いて二分の所にあり、新鮮な食材と野菜、そして三浦半島や地元で水揚げされた旬の魚のお刺身の盛り合わせがお客様を歓迎します。

店長の山中さんは大学時代オーストラリアに留学し、その後大阪で修行してこの横須賀の地に足を踏み入れました。当時横須賀にはイタリア料理店がなかったので山中さんはそこに注目し横須賀で初めてのイタ飯カルパッチョを武器にやんちゃ家さんを開店することにしたそうです。

市内イベントにも積極的に参加し、『第一回よこすかカレーフェスティバル』で出品した「やんちゃ家風サテー」は最終日まで列が絶えない人気料理となり、現在でもお店でお客さんに愛されています。
今年の『よこすかカレーフェスティバル2019』“首都圏三大カレーの聖地対決コーナー”でも、「ヨコスカ春キャベツ焼きそばキーマカレー掛け」を考案しています。
横須賀「ヨコスカ春きゃべる焼きそばキーマカレー掛け』、下北沢「スーパーカレー焼きそば』、神田『大商圏の復刻版カツカレー焼きそば』の聖地対決!
結果が気になる方はぜひやんちゃ家さんに足を運んでいただけると私も嬉しいです。

創作料理と炭火焼 やんちゃ家 横須賀中央店

渡邊眞吏さん作成のチラシ

取材を終えて

店長の山中さんはチャレンジ精神に溢れた方だと取材させていただいたときに感じました。最初は強面の方で正直なところ大丈夫だろうかと心配していましたが、予想に反し山中さんは私たちが一つ質問するごとに百の答えを返してくれ、予定時間を大幅に超えるほど優しく歓迎してくれました。
私は今回自分たちの質問に集中するのではなく、取材した方の発言を聞きそこから話題を膨らますことの大切さや面白さを学ぶことができました。この経験を社会でも生かせるよう努めたいと思います。貴重な経験を下さり本当にありがとうございました。
関東学院大学法学部地域創生学科3年 渡邊眞吏

▲ TOP