想定外の台風15号による停電

2019/09/13

台風一過でホッとしていたのも束の間・・・

9月8~9日、横須賀を過ぎ去った台風15号
道には根こそぎ倒れた木、看板、屋根の一部?が散乱。
とりあえずうちは何事もなく安堵していたのだが…しかし、10日の夕方、我が家は突如停電になった。

ブレーカーでも落ちたのかと確認するもその様子もなく、
近所の方が外で出て話している様子からこの辺り一帯が停電になっているようだ。
小学校からのメールで、学校も停電していることが分かった。
明日までに復旧しなければ給食は無しとのこと。

一時的なものですぐに回復するだろうと少し高をくくっていたのだが、
ついに暗くなった19時になっても全く回復する気配なし。
早々夕飯は作っていたため食事には困らなかったが、日中、蒸し暑かったせいもあり、家の中は31℃越えの暑さ。しかも無風。
昼間、アイスをまとめ買いしたことを悔やんだ。いっそ全て食べてしまそうか?とも頭をよぎった。
首に保冷剤を巻き、うちわを仰いでも汗が止まらない。

暑さも堪えるが、子供たちにとっては、TVやゲームなど娯楽がないことが一番辛いようだった。
やることもなく、すぐに寝るも暑さで全く寝付けず。
結局夜中1時ごろに復旧し、すぐにエアコンを付け、涼しくなってやっと眠ることが出来た。

翌日、小学校も復旧しいつも通りとなった。
台風直撃の日は多少構えていたが、まさか時間差で停電するなんて。想像もしていなかった。

3.11の大震災以降、防災については意識し水や明かりの確保などは常に準備していたが、まだ色んな部分で十分でないことを気付かされた日であった。

ヨコスカイチバン 防災で検索

▲ TOP